音楽理論

音楽理論の重要性について~バークリーメソッド〜

世の中には様々な音楽があって、どれが良いとか悪いとか言えません。 
しかし、b9thインターバルやLowインターバルリミット、アボイドノート等、ほとんどの人が違和感を感じる音が存在するのも事実です。
作曲、アレンジの過程でこれらの音全てを自分の耳で排除出来る人は問題ありませんが、『自分は気にならないが(音にシビアな)他の人は気になる』という事もあり得ます。
理論を学べば自信をもって音を選択出来ますし、色々なアイディアがわく手助けとなりますので、この機会にしっかり学んでおきましょう!

バークリーメソッドについて

バークリーメソッドは米国ボストンのバークリー音楽大学での教えられている音楽理論です。 
ある時間に対して、コード(和音)とスケール(音階)を組にして対応させる考え方で 
現在のジャズ、ポピュラー音楽理論の発展に大いに貢献してきたと言われています。

~当スクールではバークリー音楽大学のHarmony,Arranging,Cord.Scale.Voicingなどの
内容を基に、作曲/編曲に直接役立つ理論(バークリーメソッド)を分かりやすく解説いたします。
  

スピリーバ 吸入用